オフ会掲示板で出会う秘訣教える

オフ会掲示板で出会う秘訣教える

オフ会掲示板で出会いまくる方法!

オフ会で出会ってヤリまくりたい!

 

そんな諸兄にオススメなのが、LINE掲示板である。

 

編集部では様々なBBSを利用して、
実際に会えるか、そして行為に及べるかを調査したのだが、
やはりライン掲示板がダントツで会えた。

 

やはりLINEユーザーの多さや、ネット界隈での信頼性によるものだろう。

 

さらに凄いことに、以下のスレで裏ワザというべき方法が公開されていた。

 

LINE掲示板で会いまくる方法教えるwww

 

ここでは通常LINE掲示板を使うよりも圧倒的にヤレるテクを紹介されているので、
セクロスしたい方たちは必ず見ておくべきだろう。

平日開催のオフ会と、土日祝日開催のオフ会、どちらがいいのでしょうか。

 

平日のオフ会、土日祝日のオフ会

 

もちろん目的によって変わりますが、もし男性が女性との出会いを求めるのであれば、平日開催がお勧めです。
逆に女性が男性との出会いを求めるのがお勧めです。

 

私は名古屋と東京で、平日と土日祝日それぞれのオフ会に参加したことがあります。
どちらもSNSのコミュニティからの参加で、居酒屋等で開催されるお酒を楽しむものです。

 

男:女の割合は、平日の場合6:4〜3:7、女性のほうが多いことも結構あります。
これが土日祝日になると8:2〜6:4、女性のほうが多いことはまれで、幹事しか女性がいない(!)なんてこともあります。
なぜこんなことになるのでしょうか。

 

あくまで私の体験からの推測ですが、平日の場合ショップ店員や美容師などのサービス業や、病院に務める方が参加者の多数を占めます。
考えてみてください、サービス業や病院の看護師さんは女性の方が多くいらっしゃいませんか?
それに対し土日祝日の場合は、参加者の大多数がサラリーマンやOLとなります。
サラリーマンの方は自分の会社で考えてみてください。

 

男女比はどうでしょう?
男性のほうが多いのではないでしょうか?
オフ会はお休みの日に参加する方が多いため、この様になるというのが私の推論です。

 

異性と出会いたいなら、男性は平日、女性は土日祝日がお勧めです。
良い出会いがあるかどうかは、あなた次第ですけどね(笑)

私が参加したのは、横浜ベイスターズファンのオフ会です!

 

野球好きメンバーが集まってスタジアムで遊びました

 

まずTwitterでベイスターズファンの人達と知り合って仲良くなりました。
そしてその中で連絡を取り合って、「ハマスタ・ツアー」に行って遊ぶことになりました。

 

メンバーは、普段からTwitter上で絡みのある15人。男女混合で20?40代。
青森県から参戦した私にとっては全員が初対面でしたが、同じ趣味の人同士なのですぐに打ち解けられました。

 

ハマスタ・ツアーは、普段見られないスタジアムの裏側を見ることができるとあって全員大興奮。
グラウンド、ベンチ、スタンド、ブルペン、屋内練習場、選手ロッカー、浴室、記者席、スコアボード操作室、放送ブースなんていうマニアックなところも見られました。

 

またリリーフカーに乗って選手の気分を味わったり、スピードガン測定(認定証つき)やストライクナインをしたり、4つのベースを全速力で駆け回ったりと、終始大賑わいでした。

 

一気に距離が縮まった仲間達とその夜居酒屋で盛り上がったのはいうまでもありません。

 

初対面の場合、しょっぱなから飲食店に入って会話するとなると緊張感しやすいタイプなのですが、このように体験型で楽しむことができたオフ会だったので、自分にとってはとてもよかったです。

私が参加したオフ会は、日本人女性と韓国人女性との交流をテーマにしたオフ会でした。

 

女性同士なら安心

 

mixiのコミュニティで募集されていたのを見つけて、参加してみました。
私は、オフ会に参加したことがなく、なんとなく良いイメージを持っていなかったです。

 

でも、女性同士なら変なナンパとかされる心配もないし、安心しておしゃべりを楽しめるかなと思いました。
場所は、月島のお好み屋さんでした。
参加人数は日本人と韓国人、半々くらいでした。

 

この会の発起人の方が、日本人と韓国人の4人グループに分けて下さり、それぞれテーブルに座りました。
mixiネームと自己紹介をしました。

 

私は、韓国語を学んでいて女性の韓国人の友達を作りたかったので、積極的に話しかけました。
何人かの方とアドレスの交換をして、帰宅しました。

 

参加してみて、オフ会もきちんと内容を把握して参加すれば、大丈夫だなと思いました。
実際に、すごく楽しい時間を過ごせたので良かったです。

 

また、機会があれば参加したいと思っています。

ある少年漫画を好きになって、たまたまインターネットを徘徊していたところ、同人誌というジャンルに入り込んでしまいました。

 

それで、MIXIなどで同じようにその少年漫画の同人誌が好きな人のグループをみつけて加入し、少し経ったところで全国にたくさんの友人が出来ました。

 

それまでは同人誌も通信販売を利用していたのですが、MIXIのグループの友人達の勧めもあって、お台場での即売会オフにご一緒させていただくことなったのです。

 

同人誌の即売会オフに行ってきました。

 

結構な人数で集まることになったのですが、私はそれまで、いわゆるオタクとか腐女子とよばれる知り合いが一人もいなかったし、そのような感じの人は高校でクラスに数人いるような同級生のルックスしか思い浮かばなかったので、一体集まる人がどんな人たちなのか、会ってみるまでは少々怖かったです。

最近ではオンラインゲームなども頻繁にプレイしています。

 

自分たちのゲームのオフ会の感想

 

だからこそ、様々なプレイヤーとの交流もあるのです。
自分はインターネットにも多くの友人がいる人間です。
そして、チャットなどでオフ会についての話題が出たのです。

 

私はオンラインゲームでギルドに入っているのですが、どのメンバーとも非常に仲が良いです。
そのため、今度のオフ会に呼ばれたというものです。
私はオンラインゲームのオフ会に参加することが非常に楽しみでした。
なぜなら、オンラインゲーム内のキャラクターを操作している人間に合えるためです。

 

前からオフ会の場所は東京に決まっていました。
自分は田舎に住んでいるので、電車に乗って移動するのが少し大変でした。
しかし、実際にメンバーに合ってみると予想外だったのです。
特にゲームの仲間はユニークな人間が多かったです。

 

私はオフ会をしてみて、現実の大きさを知ったのです。
皆がゲームではよく話をしますが、オフ会ではコミュニケーションが難しかったです。
しかし、自分的にはこういった変化も楽しみました。

私は、好きな声優さんのオフ会に参加しました。

 

好きな声優さんのオフ会

 

ツイッタ―のフォロワーさんが募集をかけていて、連絡して、参加しました。
少人数希望ということだったので、私やフォロワーさんを含めて4人のオフ会でした。

 

本当は食事してカラオケに行って、仲良くなったら飲みということだったのですが、時間がなかなか合わず、食事だけでした。
場所は街中のファミリーレストランで、3時間ほど喋りました。

 

自己紹介から始まり、何がきっかけでその声優さんを好きになったのか、今はまっていることなどなど、食事しながらたくさんお喋りしました。
年齢層はとしては、大学生2人と社会人2人というかんじでした。

 

年齢的には一番下と一番上でも5つほどしか離れていなかったためか、ジェネレーションギャップはそれほど感じませんでした。
今度は1日オフ会をやろうということで、オフ会は夕方頃解散しました。

 

好きな声優さんについてこんなに語ったことはなかったので、とても有意義なオフ会でした。

東京に住んでいる時に、異業種交流オフ会というものに参加してきました。

 

異業種交流オフ会に参加してきました

 

東京ではいろんな職業の人がたくさんいるので、おもしろい話が聞けるかもしれないと思ったのが発端です。
大きくスペースを区切った居酒屋で特定の席をつくらず、スタンディングのバイキング方式でした。

 

参加者は男女半々くらいで、20代前半から後半の方が多かったので同年代の私はとても話しやすかったです。
一人で参加していたので、最初はどうしていいかわからなかったのですが幹事さんが気軽に声をかけてくれてそこから少しづつ周りの方と話ができるようになりました。

 

アパレル関係や、美容師さんやテレビ関係の仕事など普段の生活ではなかなか会うことができない職種の方とたくさんお話ができてとても勉強になりました。

 

社会人になると、他の職種の方とゆっくりお話する機会もないので楽しくてどんどん話しかけてしまいました。
業界の裏話を聞けるのもこういったオフ会の特徴だと思います。

以前、同じミュージシャンが好きな人同士のカラオケオフ会に参加しました。
あまりメジャーではないミュージシャンなので、その話ができる友達もいないしカラオケでもみんな曲を知らないので歌うことを控えていた私はすごく楽しみでした。

 

当日集まったのはほとんどが女性で、みなさんほぼ同じ思いでオフ会への参加を決めたようでした。

 

その日は、そのミュージシャンのライブの前にみんなでカラオケに行きテンションをあげてライブに行こうという趣旨でした。
みなさんノリノリで今まで話せなかった分、ミュージシャンの好きなところをお互いに語りまくり、今まで歌えなかった分マニアックな曲も含め歌いまくって大満足という様子でした。
幹事さんがカラオケの予約から会計まで全て滞りなく行ってくれて、安心して楽しむことができました。

 

ミュージシャンのカラオケオフ会

 

男性ミュージシャンなので、女性の参加者が多かったというのも安心材料だったと思います。
3年前に参加したオフ会ですが、そのメンバーとは今では普通に食事にいったり旅行にいったりする良い友達になっています。

私の体験したオフ会についてご紹介します。

 

ママさんたちのオフ会

 

私は子供がいまして、twitterもしています。妊娠中の人たちがつぶやく「#ninpu」「#妊娠後期」などいろいろな集まりがあり、出産しますと、たとえば2014年2月生まれの赤ちゃんをもつママさんだと「#2014baby_feb」などの同じ月齢の赤ちゃんを持つ人たちの集まりでつぶやく機会が増えてきます。同じ発達具合のため、仲間意識ができて、そのメンバーとオフ会をしようということになります。

 

そのため、募集はその集まりのリーダー的存在のママさんが行っていました。

 

実際のオフ会については、赤ちゃん連れなので、畳があるようなランチ場所であったり、誰かのおうちの招待などの形で、オフ会を行っていました。やはり赤ちゃん連れ同士なので、そういう配慮もあって、集まりやすいです。また、同じ月齢の赤ちゃん同士を遊ばせたり、お役立ち情報もゲットでき、悩みも共有できるというもので、非常に息抜きになりました。

オフ会といえば趣味のホームページの人などの集まりであったりすることが多いと思いますが私の場合はインターネットでやっていた仕事で知り合った人たちのオフ会というのがあり、誘われました。

 

ネットでの仕事のオフ会

 

仕事を紹介しているサイトの運営者が招待して、たまたま集められたひとたちでのディスカッションなど今後の仕事にも役立ちそうということで参加しました。

 

以前からはネット上では知っていた人も始めて知る人もいました。メンバーはみんな基本的にはネット上での仕事なのでたとえ直接取引があったとしてもあまり直接会うということを考えていなかったので、オフ会をするとは意外にも思っていなかったようです。

 

実際に話してみるとウェブデザイナーの方からプログラマーやライターの方など様々な人がいていろいろな話を聞けてよかったと思います。

 

ネット上だとそこまで詳しく知り合うこともなかったと思うとオフ会というのはやってみていいものだと思いました。

 

仕事の幅も広がればとオフ会をして思いました。